にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

いつか世の進歩に追いついていけなくなる恐怖

今は何とかついていけているから良いのだが、そのうち世の流れについていけなくなる恐怖は持っている。

昨日の記事の補助金申請の件でもそうだが、特にITの分野で顕著なのであろう。システム化されているのだろうが、さっぱりわからないことが時としてある。言われるままやっているだけで、意味がわからないとなると、同じようなトラブルに遭遇すると再発することが多い。その度に、裏で動いている仕組みが理解できず自らの無力感を感じるのだ。

例えば、スマホにメッセージが来ないことがある。認証のシステムなどで、それなしには、リセットもできないから使えないままの状態が続く。具体的にはアマゾンなのだが、パスワードが違うと怒られ、先に進めない。電話しろと書いてあるが、どこがコンタクトポイントかわからない。ホームページを探してもだ。探し方が悪いのかもしれないが、FAQをみても何がなんだかわからない。わからないから電話しようとしているのに、電話先を見つけられないシステムなのだ。諦めざるを得ないこともままある。アマゾンはまだましなほうかもしれない。ひたすら、電話がつながるまで、何度もかけよというところもあり、腹が立つ。

 

似たようなことを思い出した。妻が IT操作を覚えようとせず、いつもワンパターンでしかコトをしないことだ。私も今後は同様に戸惑い途方に暮れる可能性がある。どこかで、もつれた糸を紐解いていかねばならない。そうすれば、今後に役に立つはずだが、親切丁寧に教えてくれそうな人は付近にはいない。もう人生の終わりも近いはずだから、できなくなって社会に迷惑をかけても許してもらいたい(笑)。

Governing Advanced Technologies: Blockchain

昨日のリフォーム。壁のボードが配置されてきた。壁紙を貼るので見えなくなるから良いのだが、このボードの鶯色は少し圧迫感を覚える。

f:id:Miketoy:20210714181235j:plain