にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

電気消費量7月比較での発見

f:id:Miketoy:20210731072230p:plain

上記グラフは、この 10年の我家の自家消費分も加味した電気消費量の比較である。(直近の 4年間は高松在住であり、その間は息子に今住んでいる家は貸していたので 2017-2020は考察の対象から外す)以前に私達の住んでいた2016年前と比べても2021年の電力消費量は 1~3割くらい減少している。7月の電力会社からの電気代の請求を見ても309kwhで料金的にも 5303円で、今月は比較してやけに少ないなと感じていた。エアコンは新機種に変えたものの、そんなに極端に差の出る訳でもないし、ライフスタイルは以前の時とほぼ同様なはずなのにも関わらず、こんなに差が出るのは不思議であった。

妻に聞くと、乾燥機を使わなくなったからではないかという。確かに梅雨のこの時期は洗濯物が通常の外干しでは乾かないので、乾燥機をかけることが多かった。

新しい洗濯機(東芝全自動電気洗濯機 AW-10SD8)を購入して、それには部屋干し風乾燥コースという洗濯・脱水槽の高速回転により湿った空気を洗濯槽外に排気して洗濯物から水分を飛ばす脱水強化(時間は約30分増)の機能がある。それを使うようにしているとのことで、曇りの天候でも乾燥機を使わないでもほぼ済むようだ。それがこの間の差と推測できた。

それまで使っていた浴室換気・乾燥・暖房機(Dry Fan24)は電力を多く使用するし、昼間時間帯なこともあり割高な電気代にもなり、あまり良いことはない。それにて今年の電気消費量の少ない事実に合点がいったのである。

このようにグラフの凹凸変化の真の原因と思われることが突き詰められると、(私のように理屈好きの人間にとっては)不全感か残りフラストレーションのわいたままにならずにすみ、腑に落ちる感があり嬉しい。