にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

老後対応のリフォーム

現在、老後進行中なのだが、あと 15年は家を持たせたいことを狙いとしたリフォームが終わったばかり。以前から全面バリアフリー設計にはになっているものの、今回の計画段階では 更に要支援や軽度の要介護になっても耐えうるよう、設備には車椅子対応可能な洗面所、キッチンを考えていた。見た目も考えられたユニバーサルデザインでの設備ならば健常者にも優しいはずで、長く使うにはその方が好ましいだろうと考えたためだ。価格はそれなりに高くなるのは覚悟はしていたが、最終的には ほとんどのそれを断念した。

 

最大の問題点は、キッチンでも洗面台でも同様なのだが、それぞれの設備の収納スペースが極端に少なくなること。関連用品を取り出すのに、その設備の近くにないと苦労する。となると別の収納スペースを用意しなくてはならなくなるので、狭い空間では困ってしまうというのが最大の理由だ。

 

少し別の話になるが、我家は将来のエレベーター設置を考えた設計にしていたのである。しかし、エレベーターはやめた。1、2階を併用でなく、代わりに1階のみで完結して暮らすというのが新たな解決策としたのだ。

その時と同様に、ある程度の割り切りが必要かもしれないと。車椅子状態になったら、まだ丈夫なうちはもう片方の連れ合いがサポートするとしても、両方がしょうがいを持つようになると、しんどいだろう。

その時は、家で暮らすことにこだわらずに素直に施設に行こう。そのほうがお風呂やトイレ等のそれ対応の特別な設備を自前で用意しないで良い。それらを含め人的サポート体制も配慮も行き届いているだろうから合理的な選択となるはず。

いくら考えても、将来どうなるかは考え尽くせないだろうし、どうしても限界はあるはずだ。ということを今回リフォームでの解決策としては、前回のエレベータのときと同様に、永遠に自宅でという完全主義の呪縛からは離れ、可能な限りの範囲で・・と不完全の勇気を持って割り切れるかがポイントとなった。

そうとなれば、健常あるいは軽度である間は、設備への特別な配慮は必要ない。この家ではその種の設備を持たないと決まれば、いろいろと選べる汎用品の設備で多くの選択肢からリフォームを組めるということになる。すなわち、いつまで続くかわからないゲームにおいては、元気なうちはそれなりに使い勝手良く、もし元気でなくなったら自宅にこだわらずに素直に介護施設を活用させてもらおうというわけである。

 

収納スペース以外の断念した理由は、家の価値である。あちこち手すりだらけで、かつ車いす対応設備ばかりで老けて見える家にでは家自体の価値も低下するのではとの思いで考え直したのであった。

寒さは今後は更に堪えるようになる年齢だろうから、その対策で床下の断熱材を45ミリ厚さにしてもらっている。それ以外には、転倒事故を防止するために床面の段差をなくすバリアフリーはもちろん、万一転倒した場合でも衝撃吸収性が高いと言われる 3.5mm クッションフロアにも対応させた。確かに、ソフトタッチで良い感触であり、冬場に於いてどう感じるようになるか待ち遠しい。他には下記写真の玄関框にある手すりは別の場所にあった手すりを移動して設置した程度か。その右下にある閉じた4角は ダイケンの折りたたみ式の腰掛け用椅子だ。約 10年前だろうか、右居室の明り取りの壁抜きリフォームの一環で、妻がブーツの着脱用に必要だということで設置したもので これも昇降時に役に立つだろう。

今のこの程度の配慮でも、軽度の要介護程度までならば対応できるのではないかと思っている(この玄関の写真の左側がリフォームした居室で、右側の2つの居室はゲストルームで、階段を登った先に今まで暮らしていた2階の居室がある)。

f:id:Miketoy:20210820153932j:plain