にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

内窓補助金で6万円戻る

1昨日に市の補助金申請の実施報告書を提出に行った。受理されたので、これにてリフォームでの4窓分の内窓(二重窓)の一連の補助金申請事務作業は完了し、あとはその補助金 64600円が振り込まれるのを待つばかりとなった。

4年前に高松マンションで内窓工事4箇所をした時の国からの補助金も、ほぼ同額の 62000円だったが、振り込まれるまでには半年以上かかった。今回は市の補助金だからか、一ヶ月以内と早く振り込まれそうだ。

下記は4つの窓のうちの1つ固定窓の内窓の写真である。

f:id:Miketoy:20210822144247j:plain

少し後悔したことは固定窓の内窓では内枠が入るので、せっかくの広い開放度が狭くなつたこと。窓面積が3分の1近く小さくなってしまい採光部分が少なくなり暗くなった。内窓の仕様を十分にチェックしなかったので仕方ない。場合によっては外そうかとも思っている。

サッシは外気の影響の内側への侵入を抑えてくれるので暑い夏の日や冬の寒い日に効果があらわれる。我家の夏はエアコンの効きへの貢献はさほど体感としては感じられなかったけれど、数日前にいつも測っている赤外線温度センサーで家の内外の温度差を計測してみた。

窓の外側サッシ側の温度は約42度、内側からは32度で約10度の差があることがわかったから、それなりに外気からの直接の影響は抑えてくれていたはず。

内窓の本当の効果は夏というより冬に出てくると認識しているが、その時に床下の厚くした断熱材と併せて、どの程度の効果が生ずるか今後が興味深い。

 

それ以外に今回のリフォームでは「グリーン住宅ポイント」の申請もできたので、同様に1昨日に郵送で投函した。これまた臨時ボーナスになり得る。

財源は国土交通省から、エコ住宅設備の設置に補助金が出るというもの。今回は、エコキュートの高効率給湯器で24000、高断熱浴槽で24000、節湯水栓2箇所で8000、内窓の申請が大1 中1 小2で4窓計で61000、手すりの設置5000、段差解消で6000、合計で128000ポイントで意外と大きかった。申請通りに通過すればポイントがつき、かかった全費用の3%程度ではあるものの絶対額は大きいのでありがたい。

greenpt.mlit.go.jp

政府の予算の範囲内の措置(令和2年度第三次補正予算1,094億円で、申請を予算に達すると補助金はおりないから急がねばならないが、ポイントがついたら、登録された商品と交換できるようで楽しみだ。