クリーンでグリーンなリタイア生活

エコピープルでアドラーなリタイア人 Miketoyの75点人生のライフログ

使っていないつもりでも電気は使っている

electricity.

先週に四国へ二泊三日の旅行に行ってきた。今の地に引越してきて、初めての外泊の機会だった。

その間の高松での電気使用は初日は午後から出かけ、2日目の翌日は外出もあったが基本は家、3日目は午後に帰宅で半日不在であった。

だから電気で利用したのは電灯と冷蔵庫だけのようなものであるが、そちらでの電気使用量(楽天でんき)のグラフが下記である。契約していた楽天でんき(会社は楽天エナジー)は使っただけ払う、使わない間はゼロで基本料はないシステムだ。2日目で 3kwh、この二泊三日での総電気使用量は6kwh弱で、四国プランS従量料金は単価が24.5円なので160円くらいであった(給湯は別途でガス利用)。これはそんなものだろうと想定の範囲内だ。

f:id:Miketoy:20211111092436j:image

その後は使っていないはずと昨日にチェックしたところ消費電力があったので驚いた。冷蔵庫の電源は抜いたものの、ブレーカーは直前だったので落とし忘れたためであろう。退去後の電力消費の心当たりは、トイレの待機電源と24時間換気である。このまま放置するのではもったいない。少額ではあるがこの機に楽天でんきを解約する手続きをとったので、今後8日分は支払わざるを得ないが、その後は完全停止だ。その前のソフトバンクの解約時は事務手数料で550円要したが楽天は解約手数料は かからないようだ。

一方で高松訪問時の今住んでいる自宅では電気は使用していないはず。てか、主体的にしていないが、実際はブレーカーは落としていないので それでも消費はしている。その完全に不在の一日中不在の6日は 2.2kwhの消費であり、その日の時間帯別変化が下記である。こちらは東京電力で契約しているのでそのデータである。

f:id:Miketoy:20211111095823j:image

午前中から夕方にかけて消費はないように見えるが、これは太陽光発電の自家発電分で賄っているので、実質的にゼロのように見えるだけで、実際はその間も同様な水準で消費はしている。1時間ごとのコンスタントな山は冷蔵庫の消費電力変動だろう。あとは深夜設定の湯上げの2つが大きい。こちら宅ではガスは使用せず電気方式だから、この間は特別な停止操作をしなかったから、人がいようがいまいが、いつも通り深夜時間帯に平均的なお湯の使用量をわき上げているのだ。それが3時から4時頃のピークである。

それ以外は冷蔵庫と同様な24時間換気だけであろう。高松のこの数日消費していたように、一日合計で 0.6kwh程度消費するとすれば、1ヶ月で18kwh, 400円相当だろうか。

 

だから特別なことを何もしない不在期間中でもブレーカーをおとしたりしていない限り電気は消費ししていて基本料金のようなものが存在するとの留意は必要なのである。

 

このようなグラフで生活している日としていない日を見比べると相違はわかり面白い。以前の記事でも記しているのだが、我家は10-12月上旬までは特別に寒くない限りエアコンを使わないから電気の使用量は多くない。冷暖房をしているのならばその分のエアコンを、洗濯機はそれほどでもないけれど乾燥機をかけるのならばその消費量も大きいし、テレビを見るのならばそのテレビ画面の大きさに応じた、さらに調理をするのならば IHコンロを使っているのでその分を加味する必要がある。パソコンやオーディオシステムのような趣味的なものを使っているのならそれらの分をも加えて一日分の消費電力が決まるという明快なシステムなのである。