にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

グリーンポイントでリフォーム代還元

Trees ferns and hydrangeas in Umpherston limestone sink hole in Mt Gambier South Australia.

数日前に国交省のグリーンポイントがついたとのお知らせがあった。グリーンポイントが何ものかというと、政府の認めたリフォーム費用の一部還元であり、何もしていない人がもらえる代物ではない。割合的にはかかった総費用の数%であるが、エビデンスなど提出は苦労はするものの、もともと想定していなかったのでお得感がある。

ポイントで交換できる商品は指定のリストの中から選ぶのだが、決して最安値というわけではないし、商品説明も不十分だが、そこそこの品揃えがあり、それと交換できるので重宝する。有効期限は あと3ヶ月。それまでに消化しないとポイントは消滅するから、計画的に購入しなくてはならない。

今年は白物家電を大幅に入れ替えたが、果たして来年にも機器の入れ替えをするか。合計で 128000ポイント付いているから、エアコン並みのものを購入すれば、あとは細々としたもので使いきれるだろう。でも新規のエアコンは必要ないし、冷蔵庫も替えたばかりで、一階用の洗濯機を購入するかどうか。

大々的なリフォームは今後はないし、ポイントを使い切れないかも? ということで、今年3回目のリフォームでの一環である ジャパネットたかたで予約済の「日立しろくまくん」のエアコンをキャンセルして、パナソニックのそれ相当の最安値の「エオリア」に変えた。しかしエアコン設置費用(これはエコポイントとは別途に支払い要)がそれと同じ額くらいの見積もり業者が多く びっくり。それなら高機能のにとも思ったが、食事時だけのせいぜい2時間程度の利用のエアコン、それならば最安値でよかろうと判断した。結局は設置費は34000円の良心的と思われるところに昨日に決定した。この種の各種サービスの支払いにグリーンポイントを充当させてもらえると嬉しいのだが、現状はハードものばかりが対象で、別途の支払いが必要である。

 

グリーンポイント以外にも市の断熱窓の補助金も、申請額から一部は減額されている。こちらは断熱窓のみが対象で 53,675円既に振り込まれているので、トータル19万円の補助となりありがたい。

この種の制度を知らなければというか、何もアクションをとらなければ、入ってはこなかったお金である。その手の苦労とのトレードオフ、社会勉強だと思ってしているが、社会の仕組みについていけなくなったら、面倒くさいということになると思う。実際、この手の補助金申請作業をスイスイできるシニアは少なくて、とても手がかかると担当してくれたリフォーム営業も言っていたが、ITでの作業が苦手で丸投げしてくるシニア世帯がほとんどで、私のような人は例外的だと言う。私はお茶の子さいさいで今は先に行っているくらいなものの、いずれ同様に戸惑うようになるのは間違いないだろうが、そうなると生きにくくなるだろうな。