にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

ミニマリズムでなくエコ

自慢ではないが私の使っているタブレットは古い。7年前に発売されていた iPad mini 2の 16GBモデルである。この機種を現役マシンとして使っている人は多くはないだろう。でも私は使えるし、大きな不満は少ないのでメインのタブレットとして使っている。エコなのである(笑)。

極限を求めるミニマリズムとは違う。私は捨てるのは嫌いではないのだが、使えるものは、できるだけ(不便はある程度承知で、iPad mini2の場合では反応がやや遅いこと)とことん使いたい という方針で、求めるのはエコ、時としてミニマリストとは逆の方向を向く。

今までも保存しておいて良かったなと思うことは何度もある。というのは何かの拍子に復活するということを今回に限らず何度か体験してきているからだ。一つは4年前に購入したラジオだ。

しかし突然に聞こえなくなった。安物だったし4年経って寿命かなと思い無用の長物となり、来週のゴミ収集の日には捨てなくてはと観念していたが何かの拍子に また聞こえるようになった。静電気か何かのために機能しなくなったのだろうと想像していたのだが、なぜ復旧したのか不思議だ。保存できる空間さえあれば、捨てるのはいつでもできるので、急いで捨てることもなかろう。寝かすことの必要性を感じた。

もう一つはiPad mini5 これも復活した。厳密には画面のひび割れがあり、今でも同じように直接のタッチ操作は使い難いのだが、本体は機能している。

デスクトップiPadとして(ほぼ)復活でき、捨てないでよかったと思っているが、それは数日前に購入した下記キーボードの貢献が大きい。

同じようなキーボードはいくつも持っているのだが、どれもいま一歩だった(しかし、エコ主義なので捨ててまではいない)。今度の上記のそれは、低価格にも関わらず タッチパッド機能があり良い線をいっていそうだ。数日使っているけれど、この外付けキーボードにあう iPad本体を欲しくなったくらい(笑)満足している。画面を触らずにコトが済むのが良いし、これなら将来持つ可能性の高いiPone系列でも使えそうだ。ここに拘るのはiOSでの使い勝手もあるけれど、「はてなブログアプリ」がiOSでパソコン感覚で使えることも大きい(Android版の「はてなブログアプリ」は問題が多くて使い物にならない)。

 

ともかく、少し不満があったとしても、すぐに断捨離せずに 状況は変わることはままあるので しばらくは保管して買い控えることは私の基本方針、今回のような復活劇もある得るので 活用できることもある。メーカーに踊らされて 頻繁に買い換えることなく、資源を再活用できることにエコピープルとしては してやったりとほくそ笑み 深い満足感を味わうのである。

iPhone SE