にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ #丁寧な暮らし - ブログ村ハッシュタグ
#丁寧な暮らし

クリーンでグリーンなリタイア生活

エコピープルでアドラーなリタイア人 Miketoyの75点人生のライフログ

苦役の健康診断

昨日に年に一度の定期健康診断を家の近くの総合病院で受けた。費用は無料である。医療費は現役の時に加入していた会社の健康保険組合の退職者医療制度というものである。昨年1年間の医療費は私分3千円、妻分6万円くらいか。私達は3割負担でその支払いだから、健保負担分は7割だから14万円程度。

実際は 年額34.4万円余り支払っている健康保険料の一部である。医療費補助以外のイベントである年に一度の定期健康診断の費用は1万円かかるとしても健康保険組合には大いに貢献していると思っている。

 

さて、大腸がん検診で 検便を事前にとる。何年もこの形での提出になっているが、未だうまくいかない。2回、便器に逆さまに座って採取するのだが、洋式だとこれが毎度ながら苦労して嫌になる。というのは、逆さまに座ったって 傾斜があるからモノが流れてしまうので、そのあと取り戻して、舐めるようにこそげとる(笑)必要があり苦役である。和式なら取りやすいけれど、何とかならないものかと思っている。

検尿も、嫌なことの1つだ。朝に食事ができない。でも水分は採らねばならない(前のところでは、検尿も検便スタイルで当日採取して提出であった。その方が好ましい)。検査前にしぼ出すことは容易ではないので、うまくコントロールしなければならない。その検診前には、仕事がある。そこではトイレがない。それまで持つか持たぬか、微妙な線だが、もうこの歳になって生理現象であるその手の危ない橋は渡りたくない。

 

ともかく年に一度のノルマのようなものが終わった。一通りの検査を終えて問題のなさそうな慌ただしい1日だったが、これで1年間は身体は大丈夫だという保証をもらうようなもの。そんな1年1年、そして1日1日を健康で生きられることを噛みしめ感謝して味わって日々を過ごしたい。

The Stethoscope