クリーンでグリーンなリタイア生活

エコピープルでアドラーなリタイア人 Miketoyの75点人生のライフログ

再チャレンジ 電子新聞

以前に購読していた日本経済新聞は 記事の充実度に於いて群を抜いていたと思っていたし、働く人のための新聞ということで読み続けていた。現役時はそんなで日経一辺倒で貢いでいたが リタイアし転居するまでローカルな新聞にした。前は四国新聞で今は東京新聞であった。

電子新聞化の取り組みは 日経は先進的であったが、それと比べると他社は出遅れているようで、東京新聞は昨年からのサービス開始である。私も下記の過去記事にあるように7年前にリタイア後を見据えた試行錯誤で日経の電子新聞にしたが、やはり一覧性や広告チラシの問題が解決できず結局宅配に戻したのだった。

来週から家を2週間くらい離れるので どうしようかと思い検討したが 5月は東京新聞のダブルプランにした。宅配と電子版の差額は数百円、この程度の出費増ならば受け入れられるので、それで契約した。東京新聞Wプランは、日経のそれと同様なプランだが、アプリの使い勝手は後発なので、ずいぶん使い勝手的には遅れているように思えた。それでも電子新聞初期の頃と比べると 進歩はしていることを確認した。やはりタブレットで読むとなると、画面の小さいのは相変わらず気になる。また4月はサービス期間なので無料で読んではいるが 夕刊の存在感を感じられないのは再度確認できた。

解約は1ヶ月後からなら問題ないので、5月の 1ヶ月で評価して、場合によっては元に戻すこととした。今後に試行錯誤はしない。