クリーンでグリーンなリタイア生活

エコピープルでアドラーなリタイア人 Miketoyの75点人生のライフログ

花苗の入替時に思う

半年以上もっていたハンギングバスケットは もう完全に終わり引上げた。パンジービオラも終わりで、抜いた。オルレアももう花は全くないのだが、種をつけつつあるので熟成するまで、見苦しいのだが抜くのはもう少し待つ(これは後に私にとって大問題を起こすきっかけとなったのだが、それは後日の記事にて)。

 

年に2回は花苗の入れ替えをしなくては良い庭の状態は維持できない。一人暮らしになってから、庭仕事はやらなくなるかも?という危惧はあったが、背筋は伸ばさねば落ちていくばかり。ガーデニングは数少ない私の趣味の1つだから、今後も身体の動くうちは維持していきたい。

一昨日は遠いのだが、30分以上かかるホームセンターに出向いて、入れ替え用の花苗を購入し、バイクに目一杯積んで帰ってきた。その日のうちにニチニチソウを、昨日はペチュニアの植え込み作業。その夜も外に置いていたら、早速ナメクジ到来で、花が食い合わされていた。対策薬も施したが、パンジービオラでも同様に駆除しきれなかったので、これからはイタチごっこで害虫駆除を覚悟せねばならない。

f:id:Miketoy:20220622132958j:image

購入したのは 上記の日々草20苗(@173)と下記のペチュニア8苗(@140)。種類は白を8苗でそれ以外の色を4苗ずつ6種。しっとりと落ち着いた7月頃には、追って全体像を紹介できると思うが、全体を見るとまだ数が足りないかなというところ。

f:id:Miketoy:20220622132947j:image

雑草抜きもし、庭周辺も整った。梅雨の雨上がりで、このところ雑草が目立つようになってきたためしたのである。話は変わるが、この手の仕事はマンション清掃の仕事をしていた時の 好きな仕事の1つであった。館内は綺麗で当然、外仕事も落ち葉拾いはするとしても、それ以外の雑草抜きで直向きに抜いていたりするとマンション入居者からのウケも良い。草抜きは 仕事をやっている感がある。嫌々やる人は、表面だけするから、また雑草が生えてきて二度手間になったりすることがあるのだが、私は、苦労しても雑草を根っこからすっぽり抜く努力を重ねるやり方で、環境は変われど それは今でも同じである。